スシロー バイト マニュアル

スシローのバイトではマニュアルも大事だが…

スポンサードリンク

スシローのバイトには冊子のマニュアルがあります。

 

ただ、冊子のマニュアルを渡されることもあれば渡されないこともあります。

 

というのも、マニュアルに書かれていることは企業秘密であり、第三者の目につくところで開示してはいけないからです。

 

スシローでのバイトが始まると、マニュアルを読むように言われ、その内容を覚えることは大切です。

 

しかし、実際のところ、スシローでは研修期間は先輩の社員がつきっきりで仕事を教えてくれることがほとんどですので、わからないことがあれば先輩に気軽に尋ねることができます。

 

ですから、スシローでバイトすることが決まったらマニュアルがありますが、それだけにしがみつくことなく、実際に働きながら覚えていくことが多いので、まずは慣れることに専念しましょう。

 

スポンサードリンク

 

スシローのバイトが行うオーダー業務はやりがい十分!

スシローのバイトの中で、オーダーは一番大変な仕事と言われていますが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

 

スシローのバイトのオーダーの仕事には主に二つあって、一つはお客様のご注文をお伺いするマイクと呼ばれる仕事と、お客様から注文された握りの仕事があります。

 

マイクの仕事はお客様からのオーダーに応答しながらバーコードで入力します。

 

「ご注文をどうぞ」から始まり、お客様から「マグロが一つ」と言われたら「マグロがおひとつ」と繰り返し、「ありがとうございます。流してまいりますのでお取りくださいませ。」と言います。

 

オーダーの仕事の大変なところは、けっこう声を使うので声が枯れそうになることと、お客様から「マグロを頼んだのに来ないんですが」などのクレームがあることですね。

 

しかし、直接お客様と関われる仕事は、接客が好きな方にとっては、スシローのバイトの中で一番おもしろくて、やりがいがあるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク