スシロー バイト キッチン

スシローのバイトが行うキッチン業務は難しくない

スポンサードリンク

スシローのバイトでキッチンの仕事は、主にお寿司を作ることです。

 

キッチンの中でも、だし場、軍艦、にぎり、洗い場といった感じで仕事が分かれており、さらにピークの時間帯にはバイトが増えて、また仕事が細分化されていきます。

 

さて、スシローは寿司屋といってもキッチンでお寿司を本当に手で握っているわけではありません。

 

どのようなしくみになっているか説明します。

 

にぎりはロボットから出てくるシャリの上にネタを載せてお皿に盛りつけるのです。

 

軍艦もロボットがシャリに海苔を巻いてくれるので、ネタを載せるだけです。

 

デザートはできたものを出すだけです。

 

ですから、初心者でも安心して働くことができます。

 

ただ、パフェなどは作る必要があります。

 

基本的に、初心者の頃は、にぎりや軍艦から始めます。

 

最初は、一つのポジションを先輩が教えてくれ、だんだん覚えてきたら一人でやります。

 

それ以外の難しいものはすぐに習う事はなく、徐々に教えてもらってやるようになります。

 

このようにスシローのキッチンのバイトは一見難しそうに見えますが、実は載せるだけだったりするので、初心者でもできるのです。

 

スポンサードリンク

 

スシローのバイトでホールを担当することで得られるメリット

スシローのバイトは主にホールとキッチンの担当に分かれています。

 

ホールは主に接客の仕事で、お客様を席に案内したり、商品の案内やレジ会計、テーブルの片付け、クレーム対応などをします。

 

スシローのホールで働くメリットがいくつかあります。

 

まず一つ目は、接客が主な仕事なので、その場その場で上手に対応しなければならないので、とても忙しいけれど、社会勉強になるということです。

 

もう一つは、お客様と触れ合うことが多いので、「おいしかったです。」「ありがとう。」などうれしい声を直接聞けるのもやりがいがありますね。

 

このようにスシローのバイトの中でもホールの仕事は、いつも笑顔で気配りが必要でハードではありますが、うれしいメリットのある仕事です。

 

スポンサードリンク