スシロー バイト 採用

スシローのバイトに採用された後の流れ

スポンサードリンク

スシローのバイトにめでたく採用連絡を受けたら、それから数日後にオリエンテーションに呼ばれます。

 

その時に、雇用通知書を記入し、出勤時の心構えを学びます。

 

また検便の容器をもらいます。

 

それから登録されて初出勤となるわけですが、オリエンテーション後さらに1週間以上かかるのが一般的です。

 

もし早く働きたければ、検便をすぐにポストに投函しましょう。

 

未成年がスシローでバイトする場合は、採用されてからもっと時間がかかると言われています。

 

オリエンテーションの時にもらう用紙に市役所のはんこが必要なことと、親の同意書が必要になるためです。

 

また、スシローのバイトはオリエンテーションまでに給料の振込先を準備しておく必要があります。

 

振込先は、本人名義のゆうちょ銀行だけですので、持っていない人は採用が決まったらすぐに作りましょう。

 

スポンサードリンク

 

スシローのバイト面接に合格するにはコツがある!

お寿司が好きなら、スシローでバイトしてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

スシローのバイトの面接に合格するための3つの秘訣を紹介します。

 

一つ目は、身だしなみです。

 

スシローは飲食業なので清潔感を第一に求められます。

 

髪がボサボサだったり、服装が汚らしかったりするのは清潔感は微塵も感じられませんので、不合格になる可能性が高いです。

 

派手すぎず地味すぎずを心がけ、身だしなみを整えて面接に臨みましょう。

 

二つ目は、スシローのバイトの面接で定番で聞かれるのが「何か質問がありませんか?」です。

 

何もないでは、本当に働きたいのかという意欲が感じられないので、何かしら聞きたいことを準備しておきましょう。

 

「シフトはどれくらい前に決まりますか?」や「試験期間中はシフトを減らすことは可能ですか?」などでもよいでしょう。

 

そして三つ目、これが一番重要なのですが、どのくらいシフトに入れるかです。

 

クリスマスや年末年始などがとても忙しいので、絶対に全部もしくはほとんど入れると言いましょう。

 

そうすれば面接に合格することがほぼ確実といえます。

 

採用されて、万が一その日シフトに入れなくなったとしても欠勤希望と書けばよいので、面接では入れると言っておくほうが有利です。

 

スポンサードリンク