スシロー バイト 厳しい

スシローのバイト業務はどんなときに厳しいと感じる?

スポンサードリンク

スシローはバイトするうえで、仕事内容や衛生面など厳しい職場だと言われているようです。

 

実際、働いてみると本当に忙しく、6時間シフトに入れば30分休憩をもらえるはずですが、忙しすぎて休憩を取る暇さえないくらいです。

 

しかも「まかない」がないので、コンビニで買ったものを食べたり、近くにコンビニがなければスシローのものを自腹で購入して食べることもあります。

 

何よりスシローのバイトをしていて厳しいと感じるのは、スシローでは仕事しているところをカメラで監視されているということです。

 

1年に何度か会社の偉い人が来て、そのカメラを見ていろいろ注意をするそうです。

 

課長クラス以上の人がパソコンからその映像を見ることができるので、いつ見られているかわかりません。

 

そういうわけで、スシローのバイトをしながら、厳しいと感じることが多いです。

 

スポンサードリンク

 

スシローのバイトをやめたいと感じたら…

どのバイトでも自分に合う合わないがあるように、スシローで働いていて仕事が合わなかったり人間関係が難しかったりしてやめたいと思う人も多いようです。

 

しかし、スシローのバイトをやめたいと思っても、すぐにやめられるわけではありません。

 

一番よいのは、働く者のルールとして、2週間前から1か月前に辞めることを店長に伝えることでしょう。

 

誠意を伝えるためにも、良い辞め方をするためにも、電話ではなく、直接会って伝えるべきです。

 

他のバイトの人たちにできるだけ迷惑をかけないためにも、最低でも、今入っているシフトは出なければなりません。

 

飲食業はバイトの入れ替わりが激しいので、スシローも店長も出るもの追わずだと思いますし、またやめたい気持ちがあるのに働き続けられるほうが返って迷惑となるので、そんなに引き止められることもないでしょう。

 

そしてやめる時には、エプロンなどをきちんと返しましょう。

 

スポンサードリンク