スシロー バイト ポジション

スシローのバイトのポジションはどのように分かれているの?

スポンサードリンク

スシローのバイトのポジションは、大きく分けてホールとキッチンに分けられます。

 

ホールはお客様のご案内、お会計などを担当します。

 

スシローではキッチンの中も握り、オーダー、軍艦、、仕込み、出し場、炊飯、フライヤー、デザート、洗浄と細かくポジションが分けられています。

 

どれも楽な仕事ではありませんが、特に大変なのはオーダーだと言われ、握りの早いベテランバイトが担当します。

 

握りはさらに1〜4番に分かれています。

 

軍艦はウニやイクラなど軍艦巻きを担当し、仕込みはネタの準備をします。

 

出し場はうどん、味噌汁や茶わん蒸しを作ります。

 

炊飯はシャリの用意、フライヤーは揚げ物担当です。

 

デザートはプリンやパフェを作り、洗浄は洗い物を担当します。

 

スシローのバイトはそれぞれ固定のポジションにつきますが、慣れてくると他のポジションも覚えていきます。

 

何年も勤めているベテランになると全部のポジションができるようになります。

 

スポンサードリンク

 

スシローの軍艦担当は新人バイト向け

スシローのバイトでは、軍艦と呼ばれるシャリに海苔が巻かれた寿司を担当するポジションがあります。

 

わかりやすく言うと、ウニやイクラなどのことです。

 

スシローではシャリや海苔を巻くのも全てロボットがやってくれますので、軍艦のバイトの仕事は具を載せるだけになっています。

 

ただし、軍艦一つとってもスシローは種類が豊富で、オリジナルの軍艦も多く販売しています。

 

バイトスタッフは具を載せる量も一つ一つ覚えていかなければなりません。

 

メニュー写真を見たり、先輩に教わったことを忘れないようにメモを取って覚えていきましょう。

 

しかし、軍艦は、他のポジションと比べても大変というわけではなく、どちらかというと簡単にできるので、新人のバイトが最初に教わることも多いポジションです。

 

スポンサードリンク