スシロー バイト 衛生チェック

スシローバイトの衛生チェックの仕組み

スポンサードリンク

スシローのバイトは、大手回転すしチェーンの中でも衛生チェックが1番厳しいと言われています。

 

衛生チェックは15分ごとに作業台、道具を清掃、消毒し、1時間ごとに手袋、ダスターをバイトも含め全員が交換します。

 

衛生チェックの時間になると「衛生チェックお願いします。」と呼びかけがあり、5分以内にきれいにします。

 

5分後、「衛生チェック終わってますか?」と再び呼びかけがあり、確認を行います。

 

そして再び10分後に清掃を行い、同じように衛生チェックを繰り返していきます。

 

生ものを扱うスシローでは、菌が繁殖する前に消毒するので、いつも清潔に保たれています。

 

飲食店で一番恐ろしいのは食中毒です。

 

特に寿司店ではそのリスクが高いため、スシローではバイトにも厳しい衛生チェックが設けられているのです。

 

スシローはお客様に安心して召し上がっていただくために、衛生面をとても大事にしています。

 

スポンサードリンク

 

スシローの洗浄のバイトを手早く行うには

スシローのバイトでは、皿洗いのことを洗浄と言います。

 

現在は主に食洗機を使って洗います。

 

洗浄のバイトは平日は1人、休日は2人体制というところが多いです。

 

スシローでは休日のピーク時になると、食事後の食器がどんどん運ばれてきて、洗浄が追いつかなくなることがあります。

 

洗浄を手早くするコツは、食洗機に入れるときになるべく同じ色の皿を並べて入れていくことです。

 

そうすると食洗機から上がってきたときに後から色分けする手間が省け、すぐに使うことができます。

 

下から皿が上がってくるタイプの食洗機の場合は、目を離すと皿が溜まりすぎて崩れる危険がありますので気をつけましょう。

 

また、食洗機では落ちにくい茶碗蒸しは水につけた後、軽く手で洗ってから入れるときれいになります。

 

スシローの洗浄のバイトは慣れるまでは大変ですが、洗浄の早い先輩のやり方を見て参考にするのが良いと思います。

 

スポンサードリンク