スシロー バイト 掛け持ち

スシローのバイトを掛け持ちするときは…

スポンサードリンク

スシローのバイトは掛け持ちをすることができます。

 

1店舗当たりのアルバイト数が多いスシローは、1人当たりのバイト時間数が少なくなり、思うほど稼げないこともあります。

 

そのため、掛け持ちをしたいと考える方も多いようです。

 

もし掛け持ちでバイトをする場合は、スシローのバイトとかぶらない時間帯で働くのが大前提です。

 

昼は違うバイトで、夜はスシローでなどと決めておいて、シフトの希望時間を出す事をお勧めします。

 

スシローはシフトに融通性はありますが、100%希望通りというわけにはいかないので、希望時間を出す時が重要になります。

 

人数が多いため、社員はバイト1人1人まで把握できていないことがあり、少し強めに社員に希望時間を伝えておく事で、希望時間外のシフトを防ぐことができます。

 

掛け持ちをするには少し難しい面もあるスシローですが、中には3つも掛け持ちをしているという人もいます。

 

スポンサードリンク

 

スシローのバイト初日に行う仕事内容

どんな仕事でも初出勤の日はとても緊張するものです。

 

スシローのバイトも同じで、どんな仕事だろう、仕事仲間と仲良くできるかな、など色々なことを考えながら出勤することと思います。

 

スシローの初日の仕事は、まずマニュアルを読み、お皿の種類や値段を覚えます。

 

ハンディの使い方も教わり、初日からホールに出て仕事をします。

 

初めは片づけから入り、少し慣れてきたらお会計やご案内も任されます。

 

初日から2、3回目のバイトまでは先輩が後ろに付いていますので安心して仕事ができますが、その後は1人でという形になります。

 

キッチンのバイトは初日は洗浄(皿洗い)や軍艦から教わることが多いようです。

 

スシローでは、勤務時間は初日は3〜4時間程度です。

 

初日はまず仕事に慣れてもらうことが第一ですので、負担がかかりすぎないよう短めの勤務時間にしています。

 

スポンサードリンク