バイトで失敗を連続してました…。洗い物が苦手だった私のツラい失敗談

スポンサードリンク

私は以前、地元のイタリアンレストランでホールのアルバイトをしていました。

 

小さなお店だったのですが、メニューの書き方やお酒の作り方を覚えることが大変でした。

 

ホールなので、お客様にお水を出すところから始まります。

 

失敗したその時は、かなり大人数の団体様でした。

 

一人一人にお水をお出しする際に、お客様にお盆に乗っていたコップを落としてしまったのです。

 

当然、お客様に水がかかってしまいました。

 

絶対怒られると思ったのですが、漫画みたいだと許して頂きました。

 

おかげで店長に気づかれませんでした。

 

スポンサードリンク

 

また、グラタンやドリア、ハンバーグといった器が鉄板になっていて熱いものを出す時に、お客様に気をつけてくださいと言わなければいけないのですが、言った後に私が触ってしまい火傷してしまうことが何回かありました。

 

お客様にも大丈夫かと聞かれるくらい反射的に熱いと叫んでしまいました。

 

さらに、私は不器用だからか、なんなのかわかりませんが、とにかくグラスをよく割っていました。

 

ただでさえ、店長は怒りやすい性格であった上に、私が八つ当たりされやすいようで毎日何かしら怒られていました。

 

そして、さらにグラスを割るという悪循環でした。

 

特に、ワイングラスをよく割っていました。

 

ちなみに、アルバイト先だけではなく、その当時通っていた大学でも、試験管やビーカーをどんどん割っていましたので、恐らく洗い物全般が苦手だと思います。

 

家では家事をしないのでわかりませんが、時間がなく焦っていると失敗する傾向があります。

 

なので、アルバイト先でも焦ってはいけないと店長に言われていました。

 

焦ると余計できなくなってしまうので、何事にも落ち着いて取り組むようにしています。

 

これは、アルバイト先だけではなく、普段にも応用できると思っています。

 

スポンサードリンク