スシロー バイト コツ

スシローのバイトで寿司をきれいに作るコツをご紹介!

スポンサードリンク

スシローでバイトする時に、寿司を作ると言うキッチン担当の仕事を任されることがあります。

 

スシローのキッチンではほとんどはロボットがやってくれますが、バイトの手も入りますので、きれいに作るコツを紹介します。

 

寿司ネタを載せる時のコツは、シャリの真ん中にネタの真ん中がくるようにしましょう。

 

エビ系は尻尾をシャリの上に載せないで、ネタ全体は皿からはみ出ないように載せます。

 

天ぷらはバランスが悪いので、少し押さえつけるようにしましょう。

 

ただし、力を入れすぎるると潰れやすくなるので、気を付けましょう。

 

レーンに載せる時に寿司に衝撃が加わって、トッピングが崩れてしまわないように気を付けてください。

 

崩れた寿司が自分の前に流れてきたら、直しましょう。

 

スシローのバイトは、まず丁寧が先で、早くが次です。

 

スピードが求められますが、汚い寿司はもっとクレームの素になります。

 

最初のうちは上手に作れなくて落ち込むこともあるかもしれませんが、慣れて感覚で覚えていくことが一番のコツです。

 

スポンサードリンク

 

スシローで働くバイトの男女比は?

カフェやファミレスのバイトはどちらかといえば女性が多い華やかな印象ですが、スシローは男性が多い体育会系の印象が強いです。

 

実際、スシローのバイトの男女比は、やはり男性のほうが多いです。

 

もちろんスシローには女子高生や女子大生、主婦も働いているのですが、どの店舗を見てみても男女比は男性が多いようです。

 

スシローは回転寿司とはいえ、やはり寿司屋ですから、刺身や寿司が好きな威勢のいい男性バイトが集まってくるのでしょう。

 

また、キッチンといってもほとんどの料理をロボットがしてくれるので、料理という料理をしなくてもよいので、男性が安心して働けるのかもしれません。

 

そのようなわけで、スシローは飲食業、接客業ではありますが、バイトの男女比は男性が圧倒的に多いようです。

 

スポンサードリンク